那須高原 那須町 那須塩原市 大田原市 栃木県全域 本格輸入住宅・ログハウス・別荘・店舗・リフォーム・リモデルなら みはらウッドホーム(メープルホームズ那須)へ

有限会社みはらウッドホーム/
メープルホームズ栃木代理店


〒325-0303
栃木県那須郡那須町
大字

高久乙1448-24

■お問い合わせ

フリーダイヤル
0120-780533

TEL.0287-78-2551
FAX.0287-73-4008

------------------------------
■輸入住宅、別荘の建築設計施工
■在来住宅、別荘、古民家風の

  建築設計施工
■リフォーム、デッキ、塗装、増改築、

  修理工事
■外構、造園、ガーデニング計画設計

  施工
■店舗・事務所・カフェ・レストラン等

  の企画設計施工
------------------------------

qrcode.png
http://nasu-mihara.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

那須町A様邸新築工事

 

那須町 A様邸住宅新築工事 2011.8竣工

那須町 A様邸住宅新築工事 2011.8竣工
 
2011.8.4 すてきなダイニングですね。高価な薪ストーブと明るいキッチンに囲まれて食するとは、なんとも贅沢ですが、こだわりあるご夫婦のディナーには、ふさわしい空間です。おだやかな日常生活の始まりは、常にこの場所。毎日、快適なスタートがおくれますように。
 
2011.8.4  いよいよお引き渡しとなりました。見てください、この風格漂う外観!輸入車もまた引き立ちますね。スタッフ一同、誠心誠意、このお引き渡しに向けて前進してきました。設計士のM様には、細かい図面で職人達に技を磨かせていただきました。この日を迎えられて、本当に感無量です。A様は、今現在、当社のすぐ近くにお住まいになられていたのですが、引渡し後はこちらに引っ越されます。少し淋しくなりますが、こちらからどんどん押し掛けたいと思います!完成、おめでとうございます!
 
2011.7.6 タイルが貼られています。このタイル工事が完成すると、外部の印象が大きく変わります。ちょっとした変化ですが、玄関部分のタイルが完成すると、建物の中心から輝くわけですね!シンプルなカラーをチョイスしていますが、A様のお人柄や趣向がここに表れます。たのしみですね。
 
2011.6.6 外壁が塗装されました。下地に色が入ると、建物は格段に大きく見えます。これは、裏側からの撮影ですが、正面に行くとガレージもあり、更に大きくなります。カラーリング、外構などが整ったとき、目立つ家になること、間違いなしです!
 
2011.5.9 外壁の工事が進行しています。上棟式を無事終え、建物は化粧下地を造る段階に入りました。ここから、少しずつ仕上がりの想像ができるようになります。設計のM氏が、A様のご要望を匠に取り入れたプランの完成が楽しみですね。正面から見ると、ガレージと一体化して寛大なイメージがあります。
 
2011.4.23 今日はA様邸の上棟式でした。この季節にはめずらしい豪雨となりましたが、創作料理の御膳を並べ、A様お手製のぬかづけや煮物をいただきながら、とても和やかな上棟式となりました。職人の皆さんとお施主様が建物談義をし、お互いの考え方や工事の進め方などを確認しあうこの式を、最近は省いてしまうケースが多々あります。今回、A様には、快く式を催していただきました。本当にありがとうございました。
 
2011.3.26 形が見えてきました。オーナーのA様こだわりのガレージが手前に見えます。自転車、自動車・・・車のつくものを、こよなく愛するA様だからこそ、この手前のガレージが必要不可欠なのです。家の間取りも、このガレージを軸にいろいろと検討を重ねました。こうして形になることで、更なるこだわりが加わることでしょう。
 
2011.3.25  震災から2週間がたちました。未曾有の災害とはいえ、被害の大きさを実感し、皆、日常がいかに幸せで便利であったかを、深々と考えています。A様邸の現場に携わったスタッフも、ガソリンをいかに節約し、材料を無駄にせず工事を進められるかを考えながら、気を引き締めている姿がうかがえました。
 
2011.2.16 雪解けしたA様邸の基礎工事が、着々と進行しています。今日、配筋が完了しました。建物にとってとても重要な基礎工事は、職人たちも神経を尖らせて取り組みます。現場は、細かい打ち合わせや意見交換をしながら進められています。A様邸は、母屋のほか、車庫も造る予定です。
 
2011.2.7  やっと雪がとけて、造成に着手することができました。ところが、本日すごい強風が吹き荒れました。山おろしと呼ばれるこの風は、音をたて、うねりながら吹きおろしてきます。画像の職人たちは、この強風に耐えながら作業をしていました。本当にご苦労様です。二段に造成されたA様邸の敷地は、これから建つワイルドな建物を思わせて、なかなか圧巻です!
 
2010.12.1 大安で、この時期にはめずらしく暖かで安定したお天気の中、A様邸の地鎮祭が執り行われました。那須高原でも特に注目されているH分譲地は、近隣施設へのアクセスがよいことに加え、主要道路から若干の距離を保つことによって実現する心地良い静寂のある場所です。多くのお客様を魅了するH分譲地で、各分野の方々が集結し、A様の地鎮祭をつつましく行うことができました。これから私たちも、この地に素晴らしい家を建てるため、精神誠意、力を尽くします!
 

那須町 H様邸別荘新築工事 2011.6竣工

那須町 H様邸別荘新築工事 2011.6竣工
 
2011.6.25 ここから眺める光景、優しく、温かいものに包まれたような感覚があります。窓に映る広いデッキとその向こうに広がる景色は、リビングから見ると、二つの額縁に飾られた絵のようです。
 
2011.6.25 女性にとって、水廻りはこだわりたい場所。日常生活の中で、ここに立つ時間がどんなに長いことか。当社では、明るく快適なキッチンを造ることで、奥様のリゾートライフをグッと引き立てたい!そんな思いをこめてこの空間を提案いたしました。
 
2011.6.25 夜のH様邸です。これは前夜に撮影したものです。暗がりの中でも、存在感たっぷりのH様邸でした。木の香りが漂う室内、明かりに照らされた珪藻土の模様、箇所箇所にH様のこだわりも実現された夜の顔はとても素晴らしかったです。
 
2011.6.25  とうとうお引き渡しの日がやってきました。H様に、完成した別荘をご覧いただく記念すべき日です。朝から雨が降っていましたが、当社スタッフと関連業者が集まり、スタッフが心をこめてお引き渡しをいたしました。出来上がりをご覧いただいたH様は、本当に喜んでくださって、当社としても涙がでるほど嬉しい瞬間でした!では、いくつかご覧イタダキマショウ!! まずは外観から。
 
2011.6.24  湿気を感じる季節になってきました。雨がやんでも、高原はしっとりとした季節感に覆われます。そんな中、H様邸がお引き渡しを迎えます。H様へ完成した姿を直接ご覧いただくまでは、UPするわけにいきませんので、ちょっと素敵な玄関ドアだけデザイン性があって、一見可愛らしいのですが、木肌に塗料を3回塗りして、アンティーク感を醸し出しています。玄関のランプと重なって、すてきな空間に仕上がりました。いよいよ、明日は、お引きわたしです!
 
2011.6.6  雨上がりの本日、デッキ塗装の終わったH様邸を撮影しました!晴れた日は、塗料がはっきり色を放ちます。撮影しながら、しばしうっとりしてしまったこの外観は、バランスといい、カラーリングといい、本当に美しかったです。H様に、この姿をご覧いただく日が楽しみです
 
2011.5.25 デッキの造作に入りました。H様邸の敷地は、立地の静けさと緑に囲まれたロケーションに本当に恵まれています。ブルーグレーの外壁に沿って造作されるデッキが、将来、憩いの場になることは間違いありません。現場スタッフも、仕上がりがとても楽しみで、ワクワクしながら進めています。このデッキから目の前に広がるトトロの森を眺めるなんて、最高です!
 
2011.5.15 震災後の慌しさが中々収束しない中、H様のお心遣いもあり、延期になっていた上棟式が行われました。H様と職人達が顔を合わせ、世間話や自己紹介など、創作料理を囲みながら、終始とても和やかでした。おだやかなご夫婦の雰囲気が、上棟式にも表れたような気がします。来月には、リビングとなるこの場所からみる外の景色は、トトロの森が描かれたかのような美しさ。窓枠に包まれる絵画のような新緑の情景が印象的な、素敵な上棟式でした。
 
2011.4.29 外観にカラーが入ったH様邸。ブルーを基調とし、【中間色】を上手に使いこなしたブルーグレー。コーナーの白で、建物には更にメリハリがでているような気がします。組み合わせの難しい青のカラー鉄板屋根とも、程よくマッチし、周囲の自然の中に、浮き出るような存在感に仕上がりました。画像を逐一お送りしていますが、早くH様に実物をご覧いただきたいです!
 
2011.4.8 外壁材をはりあげました。この外壁材には、のちに、塗装が加わります。彩りが入ると、建物は、更に重みやメリハリを醸し出します。内部には、断熱材もきっちり入りました。材料は、早期に調達しておいたので、現場は着実に勧められています。
 
2011.2.27 H様邸の屋根工事をしています。断熱窓も入り、少しずつ表情がみえてきました。H様はご兄弟でこの姿をご覧になり、とても喜んでおられました。心がワクワクしているお客様の姿を拝見すると、スイッチが入り、つい熱く語ってしまいます・・・が、完成するそのときまで、お客様が常にワクワクするような現場にしていきたいと思います!
 
2011.2.16 H様邸が上棟いたしました!H様、おめでとうございます!見てください、この素晴らしい外観。何度も申し上げていることですが、上棟したときの建物の姿は、本当に 『かっこいい!!』 ですね。横と縦に伸びるデザインと幾何的なラインで、建物はさらに大きく見え、自然の木々の間でそびえたつ姿は、本当に心躍ります!
 
2011.2.7 H様邸の敷地内は、スタッフ総出の雪掻きで先日までの雪が嘘のように融けていました。しかし人の入らない敷地や山道は、まだまだ雪が残っています。今日までの間に、雪で工事がストップすることもありましたが、床組まで仕上がりました。これから春にかけて、現場はどんどん様変わりします!楽しみですね♪
 
2011.1.24   今年の冬は雪も降らず、暖かい日もあり、穏やかだなあと安心しきっていた矢先、やはり降りました
スタッフを伴い、なんとか雪を掻き分けて、現場を進行させるべく、悪戦苦闘していますが、今日は太陽も見え隠れしているので、徐々に安定いくことを祈っています。しかし・・・高原の天候はわかりません!自然の法則に従いながら、着実に現場を進めていきたいと思います!!!
 
2010.12.9  H様邸の砕石地盤補強が始まりました。軟弱地盤を補強する為には、方法がいろいろありますが、この砕石を使った補強は、自然石を使って周辺地盤と密着させます。コンクリートなどを使わないため、土壌汚染を起こさず、産業廃棄物も出しません。将来繰り返しつかえることで、地球環境にもやさしく、地盤と自然密着することで、より確実に強い地盤をつくることができます。
 
2010.11.7  朝から天候に恵まれて、地鎮祭には絶好の日和、H様邸の敷地で土地の神様に祈りを捧げました。BV分譲地の中でも、先端に位置するため、建物の建つ正面に、自然の木々が広がります。この木々を臨む家をコンセプトに描かれた間取りの完成を、H様も私たちも心から楽しみにしています。H様ご家族が、おだやかに暮らせるよう、素材の持ち味をしっかり引き出しながら、工事を進めたいと思っています。
 
2010.10.15 那須では、もう老舗となるBV分譲地。久しぶりに敷地内を散策したら、外観に気を使ったお家が並び、外国を思わせるような雰囲気がありました。設計のご契約をいただいたH様は、たいへんセンスが良く、素敵な家づくりが進められそうで、今からワクワクしています。
 

那須町・N様邸別荘新築工事

那須町・N様邸別荘新築工事
 
2010.11.19 今日は快晴です!この秋一番のお天気といっても過言ではないほど、お引き渡しに絶好の日和でした。青空の下、ブルーグレーのN様邸が輝いています。あらゆる箇所にこだわりを取り入れたN様邸は、室内も明るく、オーナー様の雰囲気がそのまま建物にも現れておだやかな表情を醸し出しています。何度も細かいお打合せにお付き合いいただき、本当にありがとうございました!これからも末永く見守り続けたいと思います。
 
2010.11.18 明日、いよいよお引き渡しのN様邸。社長恒例の前夜祭、夜の電灯チェックです。毎度のことですが、着工からのことが走馬灯のように脳裏をめぐるひとときです。お客様に、喜んでいただけるかどうか、ドキドキしながらも、やっとお引き渡しできることが本当に嬉しく思います。明日からは、N様ファミリーのもとでたくさんのドラマと思い出を積み重ねていくことでしょう・・・。ちょっと寂しい気分ですね(^^;
 
2010.11.4 さて、この画像は、正面からの趣とちょっと違いますが、デッキがきちんと造られていますね・・・。そうです、裏側なのです。N様邸には、裏側にもデッキがあるのです。N様は、どこまでもこだわります!この場所で、快適に暮らしていくことを真正面から考えていらっしゃいますから、様々な要素を取り入れて、我が家を完成させています。
 
2010.10.29 足場が外れて、建物の素顔が出てきました。外壁のブルーグレーは、とっても美しい色調で、周囲の自然の中でよく映えます。これから、デッキに色を塗り、アプローチができてくるとさらに重厚さが増してきますが、そこに、ガレージの贅沢なドアが付くわけですから、見ごたえのある建物になることでしょう。スタッフ一同、心躍らされます!
 
2010.10.8 N様邸の造作洗面化粧台です。正面のニッチ、輸入洗面器、手作り造作収納、木のカウンター、豪華です。でも、とてもシンプルに、美しく仕上がっていきます。出来上がりを思い浮かべるだけで、ワクワクします(^^)
 
2010.10.7  外壁塗装をしています。グレーはいろいろありますが、このブルーグレー、ダークなイメージは全くなく、近くで見ると、非常に魅力のあるカラーです。晴れや雨、曇りの天候によって表情が変わりますし、ここにウッドデッキのカラーが重なると、もっとグレードアップします。オーナー様の雰囲気は、建物のカラーにも表れますね
そろそろ足場が外れるので、楽しみです
 
2010.9.15 初秋のさわやかな空気の中、N様邸の外壁や床が貼り終わり、内部の壁下地の造作に入っています。ここからは、熟練職人の仕上げ技が光ります。手造りでひとつひとつ、丁寧に仕上げていくので、内部造作工事は時間がかかります。完成後、その技のすべてが分かります。しかしながら、N様邸は、風通しがとても良いですね。現場はとても清々しい空気が漂っています。
 
2010.8.23  世間は猛暑でげっそりしているのに、N様邸は、涼しい風がふく中で上棟式が行われました。2×4のえらいところは、断熱力も遮熱力もあるところでしょうか。紫外線をカットするアルゴンガス入りサッシも効力を発揮しているようでした。N様も、別荘として活用するつもりで建て始めたのですが、来年の夏は、ずっと那須で過ごそうかしらと言っておられました。うれしい!!! ご期待に添えるよう、更に頑張ります! 上棟おめでとうございました!
 
2010.7.24 屋根の下地材が貼られています。仕上げは那須高原の気象条件を適切にクリアする、ガルバリウムカラー鋼板です。雪、風、豪雨、日照、紫外線など、高原には様々な天候によるリスクがあります。それをクリアすることは、那須高原で家を建てる会社の必須条件ですから、屋根下地の素材、屋根仕上げ材、外壁など、外に面する部分には、細かく気を使います。
 
2010.7.17  建て方が始まりました!施工中で、このタイミングが一番建物の素晴らしさがわかるときです。ひとつひとつ組み上げられる構造パネルの重みとデザインをみているだけで、お施主様も私たちもワクワクします(^^)
これから、どのような形に仕上がっていくのか、ご近所の方々も、興味津々です!
 
2010.7.3 長雨で基礎が若干遅れましたが、無事に仕上がりました。この時期は、毎日がお天気との戦いです。十分な養生を取って、次の工事へと進みます。基礎のコンディションも良好です。
 
2010.6.9  確認がおりて、基礎工事に着手しました!N様邸の敷地は、立地がよく、ロケーションもすばらしい場所です。ここに、夢の別荘のベースを造るため、スタッフ一同、気合を入れて取り組みます。工事は綺麗に、そして丁寧に行うことが当社の鉄則!N様邸完成にむけて、スタートです。
 
2010.4.19 H分譲地内にてN様の地鎮祭が行われました。なだらかな南向きの傾斜は、N様のご計画されている建物にピッタリの立地です。眺望もほどよく、日当たりもよい理想的な場所です。厳格な地鎮祭もなごやかに行われ、スタッフ一同、あらためて前向きな気持ちにさせていただきました。N様は、明るくてとても素敵なご夫婦。那須高原のライフステージを、心をこめて造りたいと思います。
 

那須町・K様邸輸入住宅新築工事

那須町・K様邸輸入住宅新築工事
 
2010.7.9 どうですか!こちらのフルーオーダーキッチンのシンプルな美しさ!奥様のセンスがキラリと光りますね。内装にも、いたるところに北欧テイストを取り入れているので、まるで店舗のようにまとまりのあるお家です。お客様の感覚が研ぎ澄まされていると、当社としてもより頑張る意欲にかられ、だんだん気持ちがエスカレートしてしまいます
 
2010.7.8 晴れました!K様は晴れ男です!!
ここのところの雨続きで、どうなることかと思っていましたが、朝からお日様がピカピカです!
那須高原の美しい緑に囲まれて、お引き渡しを完了しました。
まだ少し残工事がありますが、シンプルでニュートラルなこだわりの北欧スタイルが完成しました。
 
2010.7.6 いよいよ明後日がお引き渡しです!このシンプルな重厚感を、早くオーナー様に見ていただきたい!この強い思いを胸に、緑の中に佇むK様邸をじっくり堪能しました。お引き渡しの日は、どうか、晴れますように。。。
 
2010.6.27 そろそろお引き渡し日も近付いてきたというある日のこと。K様とのお打合せの中で浮上したデッキ造作。それなら、景色のよい方向へデッキを作りましょう!と着手しました!!デッキは、建物のグレードをグンと引き上げる効果があります。出来上がりが凄く楽しみですね。
 
2010.6.2 内部の仕上げに取り掛かっています。こちらは、キッチンパネル。最近よく使われているキッチン前に施工します。キッチンパネルは、お掃除が手軽なので、キッチンカウンターの上からある程度の位置まで張り上げます。しかしながらK様邸は、床まで施します。これには理由があります。それはのちほどのお楽しみ(^^)
 
2010.521 外部塗装が終わりました。とてもデザイン性の高いカラーリングだと思います。ブラウン×白のコントラストは美しいですね。あらためて感動いたしました。 
 
2010.4.29 外部塗装が本格的になってまいりました!サイディングが濃いブラウンに塗装され、額縁にホワイトが入ると、建物はより重厚感あふれるものへと仕上がっています。シンプルな中にも、カントリーとニュートラルの両方のデザインが盛り込まれ、K様の夢を超えるべく、職人たちも気合を入れて取り組んでいます。北欧ベースのK様邸の完成が、より楽しみな毎日です。
 
2010.3.28 セメントファイバー製の鎧張りサイディング、「ハーディープランク」は、 カナダの気象条件をクリアする世界でもトップグレードの外壁材です。いま、大工さんが一枚一枚、心をこめて張っています。国産の鎧張り調サイディングは、パネル化されたものをベタっと貼り付けますが、この外壁材は、バランスを考慮しながら一枚ずつ張るので、仕上がりが本物です!
 
2010.3.9 屋根工事が始まりました。屋根下地を敷いて、ガルバリウム鋼板を横平葺きに施工していきます。 ガルバリウム鋼板は、酸性雨、酸性雪などの環境下においても優れた耐食性をもっています。 住宅・事務所・店舗・工場などあらゆる建築に使用されている屋根材で、那須高原の気象条件をクリアする優れものです。カラーも数種類あり、外壁とのカラーコーディネートも可能です。
 
2010.3.5 上棟しました!このフォルム、環境にピタリとはまり、K様邸がここに建つことをこの敷地が待っていたかのようです。現場にもさらに気合が入り、着々と進行しています。しかし、2×4の構造躯体は、いつ見ても重厚感と立体感がありますね。家族の生活を守っていくためのベースとなる躯体です。
 
2010.2.10  今日は、配筋検査の日です。基礎の鉄筋が的確に配置されているかどうかを、第三者機関『日本住宅保証検査機構』をたて、担当者がチェックを行います。この厳しいチェックをクリアすることで、次の段階の工事へと進んでいきます。検査の日は、なかなか鋭いチェックを受けるので、現場にも緊張感が漂いましたが、120点のお褒めの言葉を頂戴し、スタッフ一同の固い表情が緩みました(笑)
これから、基礎にコンクリートを流します。K様邸を支え続けるベースを立派に完成させたいと思います。
 
2010.2.1  暮らしの中で大切な水。いよいよ那須の美味しいお水をK様邸の敷地内に引き込む作業が始まりました。工程の中で、大事な作業のひとつです。この配管工事が終わると、基礎工事が開始します。現場の活気がでてきましたね。
 
2010.1.9 2010年を雪化粧で迎えたK様ご所有地。本日は大安で、地鎮祭が行われました。寒い中ではあっても、そびえたつ山を背景に、この土地にある様々な生命たちが、K様の家をお守りくださるよう深く祈りを捧げました。K様ご家族も、緊張の瞬間ではありましたが、家づくりに携わる職人達とにこやかに挨拶を交わし、第一歩を踏み出しました。私達も、気持ちを引き締めて着工にのぞみます!
 
2009.11.30 K様が、これからここに世界にひとつの家を建てようとしています。那須山の眺望と立地に恵まれた閑静な場所。
晴れた日は、この土地の中心に日差しが降り、雪の日には白い那須山がこの地を見下ろす恵まれた角地。
この土地は、K様ファミリーの希望とオーナーに出会おうとする土地のタイミングが合致したといえる絶好の場所。
お若いご夫婦の夢が、ここで現実に立ち上がろうとしています。
 

那須町・F様邸輸入住宅新築工事

那須町・F様邸輸入住宅新築工事
 
2009.11.18 空気が冷たくなってはきたものの、日差しと共に、青い空がひときわ爽快な今日。F様邸は、刻々と終盤を迎え、最後の塗装工事が念入りに行われています。緑と白が青い空と太陽の光に照らされてとても綺麗でした。アンの家が皆様に愛されるのは、自然とともに一体化したときに際立つこの容姿にあるのかなと思います。可愛い印象なのにもかかわらず、周囲の建物に決して物怖じしない様は、萎えることなく時を経ていくことでしょう。
現場をご覧になりたいときには、いつでもお声かけくださいませ。 090-3244-5610 担当 磯(いそ)
 
2009.10.16   紅葉の気配がゆっくりと漂うF様の分譲地。現場は、足場がはずれ、建物がひときわ大きくみえます。カラーの鮮やかさと整ったフォルムは、美しくてため息が出ます。どの角度からみても、すてきなF様邸。今年のクリスマスは、別荘の煙突に、サンタがやってくるかもしれませんね。
 
2009.924 外壁にカラーが入りました。赤毛のアンの家特有の白×グリーン。この色調は、緑の中に映え、日差しに照らされるとメリハリがあって本当に美しいコントラストを奏でます。着々と現場は進行し、内部の色決めも定まりつつあります。家づくりのために、常々都心からご家族でお越しいただくF様には心から感謝しております。今後も精神誠意、現場をすすめご期待以上の家に仕上げたいと思います!
 
2009.9.8 F様邸の外壁貼りが仕上がり、コーキング作業に入っています。この外壁材は、セメントファイバー製の鎧張りサイディング「ハーディープランク」といいます。一枚ずつ職人が張っていく本格サイディングです。 見た目の重厚感はもちろんですが、カナダの気象条件をクリアする世界でもトップグレードの外壁材です。F様邸の将来を守っていくための重要な役割を果たしていくツワモノです。
 
2009.8.19 よく晴れたお祝いの日。そうです、本日は上棟式です。雨の多い冷夏でしたが、本日は本当に良く晴れて、暑い一日でした。でも、時折涼しい風が流れ、格別な上棟弁当をいただきながらお施主様と現場スタッフ全員でお祝いをしました。お施主様とスタッフが心をひとつにする上棟式ですが、F様ご夫婦の思いを受け止め、かわいいお子様たちの自己紹介にもみな顔がほころびながら、格別な絆を得られたと実感。スタッフ一同、さらに現場を盛り上げて、F様邸完成に臨みたいと思います!
 
2009.8.11 お盆休み前のF様邸。建て方を迎えたあと、徐々に現場は形を整え始めています。清楚な雰囲気の分譲地内にたたずむ赤毛のアンの家。緑の屋根が青空とよいバランスをとりながら、建物のグレードを高めています。来週は上棟式。お施主様と現場で今後の展望を語り合うことを楽しみにしています。
 
2009.6.20 基礎工事も着工し、順調に工事が進んでいるF様邸です。本日は、検査・保証の専門機関であるJIOが、お施主様に代わって建築現場を検査しました。長期に渡って保証するために、専門家が二重三重のチェックを行い、この検査に合格しないと次の工事に進むことはできません。当社では専門機関の検査を行うことで、御客様に「安心の住まい」を提供し、実現しています。
 
2009.4.26 にぎやかな通りから程近いにも関わらず、とてもおだやかなH分譲地内は、清楚な雰囲気の漂う高級別荘地。こちらで地鎮祭を執り行ったF様はまだまだお若いビジネスマンです。ご家族のために、この場所を選び、完成度の高いプランを選択していただきました。雷雨のような雲行きが、地鎮祭の始まる時間になるとどこか遠くに・・・。太陽の光が輝く中、リゾート計画の第一歩を踏み出しました。
 

那須塩原市・K様邸住宅新築工事   2009.2〜

那須塩原市・K様邸住宅新築工事   2009.2〜
 
2009.9.30 とうとう完成しました!木のエクステリアです!白を基調としたセンス抜群のこのレイアウトは、お客様と一緒に考え、施工し、完成した熱意のこもった塀です。広々とした駐車場、目の覚めるようなディテール、かわいいポスト、すべてがアイデアにあふれています。K様も大満足の『世界にひとつ』です!
 
2009.8.31 K様邸のお引越しは完了しましたが、いまは外構工事の真っ最中です。なんと十数メートルに及ぶ薪小屋に加え、コンクリートの支柱を作って板張りの塀をたてていくという大胆な計画!さすが、こだわりのK様の発想。ご近所でも、『今度は何をしているの?』と、興味津々のご様子。これは、仕上がりが楽しみです。
 
2009.7.14 幻想的な空間・・・実はウォークインクローゼットです。ミドルカラーを上手に使って、他の居室とは異なる空間を演出しています。収納力たっぷりのクローゼット、お片付けが楽しくなりそうです。またひとつ、新しいスタイルが完成しようとしています。見学会も予定しておりますので、ご興味のある方はご見学にいらしてください!
 
2009.7.1 室内が次第に色づき、夢から現実へと表情が移りゆくK様邸。豊富なモールディング(額縁や廻り縁など)の中からお施主様が選んだアイテムは、さすがのセレクト。格好よさ、個性的な様相、イメージ度のアップ等、作り手の輸入住宅魂がかなりウナリました。空間にちょっとしたアイテムを加えるだけで、こんなにも演出効果が高まるのかと改めて実感しました。
 
2009.6.17 K様邸で、工事経過を撮影していたら、ご近所さんがまたお立ち寄りくださって、『この辺りでは中々見かけない家づくりですよね(^^)』と声をかけてくださいました。"百聞は一見にしかず”と言いますが、未完成の建物に対するご意見としては、とても光栄なお言葉を頂戴したと思います。
完成の際には、またご見学いただけるよう、オーナー様も前向きに検討して下さっています。
 
2009.6.8 那須塩原市豊浦南町の閑静な住宅地のK様邸。外壁が真っ白に塗装され、足場が外されて全貌があらわになりました。K様ご夫妻も、思いが形になってきたことで、今後にますますの期待を寄せています。現場では、ご見学に訪れる方もいて、『 よい家は人を呼ぶ 』 という言葉を実感しています。ご見学が可能なので、お気軽にお問い合わせください! 
K様邸担当者 : 磯 090-3244-5610 
 
2009.5.20 外壁材をはり、玄関が入って、さらに重厚感が増したK様邸。ご近所の皆様や通りすがりの方々に、よく現場で声をかけられるようになって来ました。輸入住宅に興味を示される人々が多いことを実感しております。K様邸は、ここからさらに装飾を加え、白を基調としたオリジナルスタイルを目指しています。那須塩原市豊浦南町で建築しております。ぜひご見学にいらしてください!
 
2009.5.14 K様邸の階段を造作中です。内部全体が完成イメージに近付いて、お施主様も当社も、照明器具や内装仕上げについて最後の知恵を振り絞っています。構造躯体や外装はほぼ完璧!ここからが造作の腕の見せ所でしょうか、ハリウッド映画にでてくる家のように、シンプル&スタイリッシュ、そしてポイントは大胆に仕上げていきます。
 
2009.5.8 K様邸の上棟式が行われました。ご夫妻それぞれのご家族が集まって、皆様それぞれの思いを語れたよい上棟式でした。現場の中での食事会でありながら、この雰囲気には新鮮さがあり、普段言葉にならない思い出やご経験などを歓談いたしました。特にお施主様の家に対する思いには、深いお考えと希望があり、参加させていただいたスタッフ共々、さらにパワーをいただいた次第です。上棟式。いつもながら、このコミュニケーションは建物をさらにハイグレードにする力となるような気がいたします。
 
2009.4.9  K様邸の屋根材が葺き始められました。外観に格調を副える屋根材『オークリッジプロ』。輸入住宅は、"美しく、そして強く" というコンセプトを持っています。高い耐久性の屋根材は、北米で半世紀以上の実績のあるものを使用しています。耐風性、防水性、意匠性を兼ね備え、印象度も高くなっています。
 

2009.3.31    いよいよ建て方が始まりました。ご覧のとおり、立地に副ったデザインは迫力があります。これからますます楽しみなK様邸です。お施主様との細かいお打ち合わせも本番に入ります。現場は見通しのよい場所ですし、ご見学はいつでも可能です。詳細については当社へお問い合わせください。

 
2003.3.18  K様邸の基礎の型枠が取れました!とてもきれいな仕上りです。来週は、この基礎を土台にして構造躯体を施工していきます。これからが楽しみなK様邸です。
 
2009.3.4 K様邸の基礎工事が始まっています。那須塩原市内中心地区とはいえ、静かでおだやかな敷地です。閑静な住宅街でもあるので、音や車両で周囲にご迷惑をおかけしないよう注意をはらいながら進めています。全ベース基礎に鉄筋が入るときれいですね。このベースが建物を永い間支えていきますので、たいへん重要な工程となります。
 
2008.1.23 那須塩原市のK様ご所有地で、地鎮祭を行いました。風水上良しとされるこの日、土地の神様に工事の無事を祈りました。お若いご夫婦ですが、建物に対する思いは人一倍の厚みがあります。旦那様の夢の薪ストーブと、奥様の憧れの輸入住宅。当社一丸となり、心をこめて実現いたします!
 
2009.1.29 こちらは那須塩原市内のK様ご所有地。これから理想の輸入住宅を実現していきます。その前に、地盤を調査し、設計・施工に調査結果を活かしていきたいと思います。
 

那須町・Y様邸別荘新築工事  2009.2〜

那須町・Y様邸別荘新築工事  2009.2〜
 
2009.6.27 晴れました!いよいよお引渡しの日到来です。早くからY様もご来訪くださって、澄んだ空気の中でお引渡しが行われました。お施主様も喜んでくださいました。広い敷地なので、今後の展望もあり、これから築いていかれるライフスタイルが当社としても楽しみです。これからも末永く、Y様邸を見守り続けたいと思いました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
 
2009.6.26  Y様邸が完成しました。この土地で地鎮祭をおこなってからの毎日が思い出されます。Y様邸は、シンプルテイストでありながらも、緑の中に溶け込むような美しさがあります。立地のよさはもちろんですが、日々細かい打ち合わせにお付き合いくださったお施主様の思いがこめられて息づいているような気がいたします。明日はお引渡しです。さみしいような嬉しいような、そんな気持ちです。
 
2009.5.27 那須はよい季節になってきました。緑の木々の間に建つY様邸も、徐々に全形が見え始めています。ちょうど、珪藻土を塗り終わったところで撮影した2階の居室は、白い壁が映えて空間の広がりを感じさせています。壁から吹き上げ天井へと塗りつくされた珪藻土。この素材は居室の意匠性を高めると共に、空気を浄化し、心地よい環境を作っていきます。
 
2009.5.2 那須もいよいよGWに突入し、高原内もにぎやかです。そんな中でも、Y様邸や当事務所の位置する『並木台』は、とても静か。緑の中で着々と進行しているY様邸も、外壁材にカラーが入り、レンガタイルが仕上がってきました。おだやかなカラーリングが自然と一体化し、木立の中にたたずんでいる様子をご覧ください。
こちらの別荘のご見学は 担当者 磯 090-3244-5610 まで!
 
2009.4.5 よいお天気に恵まれて小春日和の那須。おだやかな日差しに包まれたY様邸は、外壁工事が終わったところです。那須の台風や強風にさらされても頑丈な外壁材の下地には、透湿・防水性能はもちろん、抜群の強度と耐久性能で住宅の長寿命化に貢献するタイベックシートを貼っています。木々の向こうに建つ家は、本当に美しいですね。中の造作も順調に進んでいます。
 
2009.3.21 Y様邸の上棟式を迎えました。上棟式は、お施主様と職人と当社スタッフが顔をあわせ、歓談をともないながら現場の安全をともに願う機会です。細かい工事の打合せを兼ねながら、なごやかな雰囲気の中でコミュニケーションを図りました。Y様邸現場で、さらに一丸となった現場グループ、完成まで全力で頑張ります!
 
2009.3.11 今日の現場は日差しが差し込んでみたり、急に雪が舞ってみたりと季節の変わり目を思わせる天候です。気温は下がっているので、大工さんたちも体力勝負ですが、皆、笑顔で頑張っています。本日は、輸入部材が到着しました。現場も日ごとに活気に満ち溢れてゆくでしょう。構造体もりりしく建ち上がり、かっこ良さの映えるY様邸です。
 
2009.3.2  基礎も完成し、建て方が始まります。まずは建物の土台を敷きます。このうえに構造躯体がのっていくわけですから、一本一本丁寧に作業していきます。ここから本格的な工程がスタート、お施主様が一番感動するところかと思います。
 
2009.2.16 Y様邸の基礎工事が始まっています。300坪の広い敷地の中に、機材を搬入する道をつくっての作業。とてもダイナミックです。なだらかな傾斜地に合わせたベースをつくり、来月初旬頃から建て方が始まります。
 
2009.1.29 いよいよY様邸住宅新築工事が始まります。その前に、地盤調査を行っております。地盤の性質の把握は、地震との関連性などを知るためにも大変効率的です。地盤強度などが判明し、設計や施工の貴重な情報源となります。
当社では、スウェーデン式サウンディング試験法で調査いたします。
 
2008.12.7 その土地の精霊に力を与えてもらうために、本日はY様の地鎮祭を執り行いました。お天気もよく、おだやかな日差しのもとに行われました。なだらかな傾斜がありながら、とても広くて自然を感じさせる魅力的な場所です。きっと、心地よい風が運気を運んでくれることでしょう。
 

那須町・F様邸住宅新築工事   2008.11〜

那須町・F様邸住宅新築工事   2008.11〜
 
2009.4.5  今日の那須はとてもおだやかで気持ちがいいので、塗装仕上げ前の外観を撮影しました。白い外壁がまぶしく、緑×白のコントラストは、心躍るほどにきれいです。明日から内外部の塗装が始まります。すべてに色がはいったとき、建物の息づかいが聞こえてくることでしょう。
 
2009.4.5  内部の仕上げが進んでいます。F様ご支給のお気に入りアイテムを組み入れての造作は、お施主様と当社スタッフが一丸となって取り組んでいます。たとえばステンドグラスや洗面手洗い器、タイルなどは、オーナー様それぞれの思い入れがあります。それをいかに活かしていくかは、当社の腕の見せどころです!
 
2009.3.11 晴れたり曇ったり、強風が吹いたり雪がちらついたりと忙しい季節です。そんな環境下であっても、現場はすすみ、今日は外壁塗装をしています。当社の有力な塗装のプロM氏。丁寧に色付けをするまなざしは、いつも印象的です。カラーはホワイト。シンプルでありながらも、太陽の日差しに映えてとてもきれいです。
 
2009.3.5 断熱材が入り造作が進んで、階段も出来上がりました。ニッチ(壁をくりぬいて作る造作棚)の仕上がりや間取り等がみえてきて、F様もたいへん喜んでくださっています。これから水廻りや内装の仕上げについてのご要望をポイント毎に取り入れ、理想に一歩ずつ近づいていきます。
 
2009.2.16 F様邸の外壁を貼り始めました!セメントファイバー製の鎧張りサイディング、「ハーディープランク」は、 カナダの気象条件をクリアする世界でもトップグレードの外壁材です。ここ数日、立面図だったプランが現実化し、スタッフ一同更に気合が入ります!明日は上棟式を行い、オーナー様と歓談しながら、工事の無事と安全を祈ります。
 
2009.1.29 F様の建て方完了しました!シンプルながら重厚感がある建物です。今日からルーフィングを貼り始めています。
 
2009.1.8 F様邸の基礎が出来上がりました。仕上がりはご覧のとおり良好です。これから細かい打合せをしながら、夢を形にしていきます。今月末〜2月にかけて建て方が始まります。当社の施工過程のご見学に、いつでもいらして下さい。
 
2008.11.26 造成が完了し、基礎工事へとすすみます。堅固で安心な全ベース基礎。那須という土地の条件をクリアするために家の足元からしっかり施工しています。
 
2008.11.14  これから、この場所に、F様の夢を実現します。木々と自然に調和できるような、心のこもった住まいを創ろうとスタッフ一同強い意志をもってのぞみます。
 

那須町・M様邸別荘新築工事   2008.12竣工

那須町・M様邸別荘新築工事   2008.12竣工
 
2008.12.22 外部デッキを造作している頃の写真と比べてみてください。まっすぐなシーダー材がとても好印象な外観、この材料をここまで使いこなすM様には頭が上がりません。このデッキはリビングや浴室と隣り合わせで、リゾートタイムをよりいっそう楽しませてくれているようです。
 
2008.12.22 水廻りには、木と相性のよい材料を、全体的なバランスを整えながらチョイスしました。毎日使う場所の質へのこだわりは、長い目でみるととても大事なことです。それをきちんと理解していただけるオーナー様だからこそ、よいものに出会えるのかなと思います。
 
2008.12.22 こちらの別荘のこだわりのひとつ、専用デッキを見渡せる浴室。この美しさの秘訣は浴槽と床に使用した富士山の溶岩石。富士山溶岩石は石材の中でも特に遠赤外線放射率が高く、温浴商品岩盤浴、溶岩浴にも多数採用されているものです。さらに、壁と天井には贅沢にも青森ヒバを張り上げています。お湯をそそぐとヒバのよい香りが立ち込めます。
 
2008.12.22 本日めでたく、お引き渡しの日を迎えました。珪藻土と木のコントラストは目が覚めるようです。60坪にわたる室内のひとつひとつの素材は、これからふんだんに使いこなされて、時を経てさらに美しくなることでしょう。カナダのダイナミックさと、アジアの艶やかさとがマッチングしたこだわりの別荘です。
 
2008.11.1 そろそろ終盤を迎えたM邸に、外部デッキを造作しています。周囲の木々は、きっとこのデッキのインテリアになることでしょう。お施主様が、ここでくつろぐ姿が目に浮かびます。
 
2008.9.15   緑の木々の間からのぞく赤い屋根。緑とのコントラストが抜群のM邸も、外壁材や軒天材がシーダー材で貼り上がりました。シーダーは本当に美しい木です。防腐・防虫効果の高いフェノールを多く含んでいるため、防腐を施さなくても高い耐久性を持ち合わせる豊かな木。この木にこれからM邸は守られていくんですね。
 
2008.8.9  家の広さや間取りが実感できる上棟式。M様ご夫妻を交えてなごやかに上棟式が行われました。お施主様と職人さんたちがコミュニケーションをとる唯一の機会。お互いの意思を確認しあい、現場はさらにパワーアップします。
   
<<有限会社みはらウッドホーム(メープルホームズ那須)>> 〒325-0303 栃木県那須郡那須町大字高久乙1448-24 TEL:0287-78-2551 FAX:0287-73-4008